メルカリが経団連に入会しました

f:id:merpoli:20181215102421p:plain

※写真は経団連提供:11月の『J-Startup×経団連 連携キックオフイベント』参加の様子


メルカリは12月14日付けで、日本経済団体連合会(中西宏明 会長 以下、経団連)に入会しました。

メルカリは日本発のグローバルテックカンパニーを目指しており、経団連に加盟している世界に挑戦する企業の皆さまからのお知恵をお借りしながら、日本から世界に挑戦していきたいと考えております。また、それにより産業界全体に貢献出来るように尽力してまいります。

なお、今年5月、経団連からは『デジタルエコノミー推進に向けた統合的な国際戦略の確立を』という政策提言が公表されています。この提言のなかでは、デジタルテクノロジーとデータを高度に活用して社会全体の最適化を図る「Society 5.0(ソサエテイ 5.0)」というコンセプトが示され、その実現に向けて、日本が取るべき戦略が示されています。

このようなデジタルエコノミーへの取り組みは、まさに、メルカリが「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」と掲げているミッションと重なるものです。

こうした社会の実現と産業の発展に向けて、産官学のステークホルダーの方々とオープンに協力しながら、メルカリは事業そのもので貢献していくとともに、私たち政策企画チームとしては、政策提言の面でも貢献していきたいと考えています。

(高橋 亮平)


ご参考まで、先日ご紹介した記事『J-Startup×経団連 連携キックオフイベントにメルカリも参加』も合わせてお読みいただければと思います。

merpoli.mercari.com